アレキサンドライト 由来



ジェムケリー バイナリーフェイス/アレキサンドライト。

アレキサンドライトは、1830年、ロシア皇太子(後のアレクサンド

ル2世)の12歳の誕生日に発見されたことにちなんで命名されたました。

太陽光線の下ではブルーが強いグリーン。白熱電球の下では赤紫

に・・・と変化する神秘的なアレキサンドライトは、宝石の王様と呼

ばれるほど希少価値の高いジュエリー。昼と夜で宝石自体の色

が変わる二つの顔を持つ不思議な宝石。これが「昼間は日本を代表

する歌姫であり、若い女性が憧れるファッションリーダー。でも、

夜は彼氏に甘えたり、悲しいことや寂しい事があれば涙を流す普通

の女の子。そんな女性の二面性をライオンとうさぎのモチーフで表

現した」倖田來未と<ジェムケリー>のコラボレーションジュエリー

のコンセプトでも取り上げている由来ですね。

その中でも、ジェムケリーが扱うアレキサンドライトは、宝石の最

高峰に位置づけられるジェムクラスのものばかり。透明度が非常に

高く、色彩変化も明確にあらわれます。カッティングは、極上の輝

きを放つ贅沢なプリンセスカット。アレキサンドライトの美しさを

最大限に引き出すカッティングで、アレキサンドライトに採用した

のはジェムケリーが日本で初めてです。


倖田來未 ファン/